哲学

脳は現実と想像を区別できない! だからイメージが大切というお話。

脳

冒頭に、今日のツイートからです。

コミュニケーションでは、「嫌われるかもしれない」と思うことがよくありますよね。

ですが、「嫌われるかもしれない」と思うだけで大きな損失が生まれているのではないか…と考えるようになりました。

というのも、「脳は現実と想像を区別できない」からです。

そんなばかな!と思うかもしれませんが、実際に例を挙げながら、どういうことか説明していきたいと思います。

脳は現実と想像を区別できない その1:梅干しの例

梅干し

例えば、梅干しを思い浮かべてみてください。

そして、その梅干しを丸ごと口に含むところを想像してみてください。

きっと、ツバが出たと思います。

現実には、梅干しなんて存在していないのに。

簡単に言いますと、これが脳が現実と想像を区別できない仕組みです。

この仕組みを仮に「梅干し理論」と呼びます。

 

脳は現実と想像を区別できない その2:嫌われると思った時点で、実際に嫌われたのと同じ感覚になる

嫌われる

これは人間関係でも同じことが言えます。

何か人にしようとしたときに「嫌われるかもしれない」と思ったこと、誰もがあると思います。

「梅干し理論」によりますと、こう思った時点で実際に嫌われたのと同じ感覚を覚えるのです。

存在してもいない相手のツバが飛んじゃってるわけですね。

 

脳は現実と想像を区別できない その3:人は現実そのものではなく、イメージの世界を生きている!

イメージ

こう考えてみると、次のことがお分かりいただけたと思います。

「人は現実そのものではなく、イメージの世界を生きている」

いきなり言われると、「そんなことはない! 私は現実を生きている!」と思いがちです。

ですが、あなたは存在しない梅干しにツバを出し、存在しない相手の行動に嫌な感覚を持ちました

まさしく、現実に存在しないイメージに操られているのです。

 

脳は現実と想像を区別できない その4:良いイメージを持ち、悪いイメージから離れることが大事!

自由

このイメージは、日々接する人やものから生まれてきます。

接することで生まれる「いいな」もしくは「いやだな」という感覚は、実際のものごとの状態以上にあなたの人生を左右します。

ですから、接していてよい思いになる人・ものに近づき、良いイメージを描くようにすることが大事なのです。

同時に、自分を嫌な思いにさせる人・ものからはなるべく離れ、悪いイメージを想起させないようにすることもまた大事です。

そうやって、よいイメージで自分自身を満たしてあげることで、自分の世界がよりよくなっていくというわけです!

最後に

人間って、思った以上に現実を生きていないわけです。

勝手な想像・決めつけ・思い込み…そんなものに縛られ、がんじがらめになっています。

そういう悪いイメージは、現実の出来事以上に人生を破壊します。

良いイメージを持つためにできる限りのことをして、世界をより良くしていきましょう!


 

記事を読んで、少しでも興味を持っていただけましたら、レイニーデイのTwitterのフォローをよろしくお願いします!