eスポーツ

e-Sportsでナンバーワンになるより大事なこと~それは「貢献」することだ~

皆さんは、どのような目的でゲームをやっているでしょうか。

私の場合、少し前までは、ずっとナンバーワンになりたくてゲームをやっていました。

ですが、最近になって考え方が変わりました。

それは、e-Sportsへの「貢献」が大事だということです。

以下、そう思うに至った経緯を、高校時代に初代ポケモンでナンバーワンを目指したところから順を追って説明します。

初代ポケモンで関東大会への出場を目指す!

ポケモン

ある日、ポケモンで関東大会が行われていることを知り、それを目指しました。

ステータスMAXまでポケモンを育てる

当時のポケモン(初代)でステータスをMAXにするためには、経験値が低い敵をたくさん倒さないといけませんでした。

素早さをMAXにするために経験値10ちょっとのコイキングを延々倒し続けて…

大会までの期間は3ヶ月

ステータスMAXまでレベルアップさせるのに1ヶ月はかかります

ポケモンは6体持ち込めましたが、対戦で使うのは3体。

そのため、MAXにするのは3体だけで、残りの3体は数合わせとしました。

これでちょうど3ヶ月です。

 

大会当日

大会

そして迎えた大会当日。

入念に準備したこともあり、1回戦は突破できました。

2回戦で大会準優勝者と当たる

しかし、2回戦で関東大会の準優勝者と当たってしまいます

この試合は、忘れられない一戦となりました

50%の確率に泣く…

試合は最後までもつれこみました。

最後に残ったポケモンはお互い1体ずつで、どちらもあと一撃で倒れる状態でした。

こうなると、あとはどちらが先に攻撃するかですが、残ったポケモンはまったく同じ。

つまり、ステータスはお互いMAXなので、先攻後攻は完全に50%で決まる状態でした。

先に攻撃したのは…相手のポケモンでした

こうして、私は2回戦で負けました

試合後、握手を交わしましたが、心は晴れませんでした。

 

ずっとナンバーワンになりたかった

ナンバーワン

それから長い間、「ナンバーワンになりたい」という思いがずっと強かったです。

その思いは、ポケモンから離れたあとも続きました。

クイズゲームでナンバーワンを目指していた

私はハースストーンというデジタルカードゲームでプロゲーマーを目指していますが、その前はずっとクイズゲームをやっていました。

10年以上やって、そこそこ上位には行けるようになりましたが、とある疑問が湧いてきました。

「ナンバーワンって、何なんだろう?」

続けていくうちに、ナンバーワンの定義に悩むようになってきたのです。

確かに、大会で優勝したり、その時点でのトップになることはある。

けれど、トップを取った人間も、ずっと強いままとは限らない

そうなると、また新しいナンバーワンが生まれ、「上書き」されてしまうのです。

実績も、実力も、すべては移り変わっていく

そんな中で、「ナンバーワンにこだわることにどれほどの価値があるのか?」と自問自答するようになりました。

もちろん、優勝などでナンバーワンになること自体は素晴らしいことです。

ですが、「もっと素晴らしいことがあるのではないか」と思うようになりました。

 

個人成績より、e-Sportsに貢献するほうが大事

貢献

そこで私は気づきました。

流れ去っていく過去よりも、訪れる未来を見るべきなのだと。

個人の成績は儚いですが、e-Sportsはずっと続いていきます。

優勝はうれしいもの、だけどそれはそのときだけにして、携わる人たちのことを考える

より開けたe-Sportsの世界を後進のために形作っていく

それこそが、ナンバーワンになることよりもずっと大事なことなのです。

ただ、「貢献できているかな?」と自分に問うたとき、残念ながらまだまだであると言わざるを得ません。

ゲームの練習は必要ですが、それだけではだめです。

「どうやったら貢献できるか」を忘れたとき、私のゲーマーとしての生命は終わるのでしょう。

結局のところ、考え方をいかに変えられるかなんですね。

そして、一時の決意ではなく、いかに日常的に行動に移せるか…そこなんだなと。

質や量以前に、行動の軸をどこに定めるか、そこですべて決まります。

気づいたら、あとはやるかやらないか…未来のためにどちらがよいかは、言わずともわかっていることでしょう。


 

記事を読んで、少しでも興味を持っていただけましたら、レイニーデイのTwitterのフォローをよろしくお願いします!