eスポーツ

ハースストーン「激闘!ドラゴン大決戦」事前評価~新デッキレシピもあるよ~

Contents

はじめに

この記事は、ハースストーンの新拡張「激闘!ドラゴン大決戦」における新カードの事前評価を行ったものです。

「単体のカードが強いかどうか」ではなく、「そのカードが入るデッキが環境において使用されるか」を最も重視して評価しています。

そのため、実際に環境入りすると思われる新デッキのレシピ予想と併せて作成しています。

ご了承ください。

評価の意味について

新カード

評価は最大星5つで行います。

★★★★★:確実に環境入りし、カードパワーまたは汎用性が極めて高い

★★★★☆:高確率で環境入りし、カードパワーまたは汎用性がかなり高い

★★★☆☆:それなりに環境入りし、カードパワーまたは汎用性がそこそこ高い

★★☆☆☆:構築での環境入りは少々厳しいが、状況によってはチャンスありか

★☆☆☆☆:構築での環境入りは困難だと思われる

新デッキ

評価は星3つ~5つで行います。

★★★★★:間違いなくTier1。デッキを中心にメタが回る

★★★★☆:Tier1下位~Tier2中位ぐらいまで。新環境でよく見かけることになりそう

★★★☆☆:おそらくTier上位ではないものの、環境次第で力を発揮してくるかも

ドルイド

盆栽ボンバー

評価:★★★★☆

横展開とトレント召喚を同時にこなせる貴重なカード。

トレントドルイドには必ず採用されるでしょう。

空中栽培

評価:★★★★☆

トレントドルイドのリソース補充役。

自然の援軍と合わせれば0マナ、造園と合わせても1マナ、セナリウスでトレントを召喚すればぴったり10マナでドロー可能…強いです。

数の力

評価:★☆☆☆☆

このクエストでおいしい大型ミニオンが多いのはドラゴンドルイドやクエストドルイドでしょうが、それらは雄叫びや選択が重要なので、たぶん採用されないです。

遊げ木隊

評価:★★★★★

トレントドルイドはもちろん、クエストドルイドにもアグロ対策や防御強化のため入りそうで、地味ながら今期のドルイドを支えるパワーカード。

大巨木ゴル

評価:★★★★☆

素で戦の古代樹と同じスタッツなのは偉い。

出してからだんだん有利になるというよりは、奇数パラのストームウィンドの騎士のようなフィニッシャー枠になるのではないかと。

プレリリースで当たった人が軒並みがっかりしててビビった

でっか化

評価:★☆☆☆☆

面白いカードなんですが、ちょっと入るデッキが思いつかないため評価としては低くなってしまいます。

入れるならトークン軸なんでしょうが、それならトレント軸のほうが強いという判断です。

デッキの防衛

評価:★☆☆☆☆

クエストドルイドみたいに序盤にヒロパぐらいしかやることのないデッキならワンチャンと思いましたが、報酬がドルイドの1マナスペル「爪」3枚と微妙です…

パワカ揃いの新環境では枠がないかと。

ガラクロンドの5/2爪3枚くれ

夢竜の息吹

評価:★★★☆☆

そりゃあ、ドラゴンドルイドを組んで、毎回2ターン目にこのカードとドラゴンが来れば強いですよ。

ですが、現実はそう上手くはいきませんので、後半強いデッキならドラゴンドルイドよりクエストドルイドのほうが安定していると思います。

このカードがパワカであること自体は間違いありません。

エメラルド探検竜

評価:★★★☆☆

満開の古代樹(6/3/8挑発だけ)が草葉の陰で哭いている…

ドラゴンドルイドのキーカード&相当のパワカ。

ただ、同じタイプならクエストドルイドのほうが安定しているため、そこまで多く見かけることはないと予想します。

解き放たれしイセラ

評価:★★★★★

ドラゴンドルイドには間違いなく入るでしょう。

それだけでなく、クエストドルイドにただ入れるだけでも、ドローと同時に展開をこなせるようになる強力なカードです。

クエストドルイドのクンが抜けた枠にすんなり入りそうですね。

ハンター

ストームハンマー

評価:★★★☆☆

入るならハイランダードラゴンハンターかなと思ったんですが、仮組みしたところ予想以上にドラゴンが少なく、効果が活きにくいと思いました。

かと言って、純粋なドラゴンハンターを組めるほどハンターにはドラゴンが多くありません。

効果は強いんですが、少なくともハイランダーでは、アグロ対策&ヴェラナス雄叫びとの相性で砂漠の槍が優先されやすいのではないでしょうか。

急降下グリフォン

評価:★★★★☆

具体的に言いますと、ハイランダードラゴンハンターでジリアックス・6マナ急襲ドラゴン・スプリングポーあたりをサーチできるのが強いです。

クマトロンとチョッキンガーの代わりにこちらのサーチが一般的になるのではないでしょうか。(共存するほど枠に余裕はないように思いました)

ヴェラナス

評価:★★★★★

平等とは…

猟犬を放て・砂漠の槍・スプリングポーとの相性が良く使いやすいですね。

獣縛りのあるハンター・メカハンター以外の全てのデッキに入ると思います。

爆炎竜のコストをキンドルルーストで下げれば併用できるかなとも思ったんですが、仮組みしたところ両者を入れる余裕はありませんでした…

露払い

評価:★☆☆☆☆

スプリングポーや野獣放つべしで達成しやすいとはいえ、パワカ揃いの今拡張では枠が厳しいです。

クエストハンターのイナゴで達成!と思いきや報酬が受け取れない罠。

蝕竜の息吹

評価:★★★★☆

ドラゴンがいる場合のボーナスが弱めですが、2マナ3点というだけでも及第点の性能です。

ドラゴンハンターには確実に入るでしょう。

始祖探検竜

評価:★★★★☆

エンペラーコブラ…

このスタッツでハンドアドを失わないのですから弱いわけがありません。

ドラゴンハンターには確実に入るでしょう。

三匹がキル

評価:★☆☆☆☆

次拡張では「続・三匹がキル」ですか?

フェイス寄りのハンター、特にメカハンターでワンチャンある気もしましたが、報酬がレプラノーム3体ではフェイスへの即効性がありません。

さすがに枠が厳しいです。

ドラゴンベイン

評価:★★★★★

メカハンターを復活させるパワカ。

それ以外のハンターでも、特に種族縛りがなければ十分採用されるレベルの強い能力です。

ドワーフの狙撃手

評価:★★★★★

先攻1ターン目に出せば、返しのターンでほぼ全てのミニオンをヒロパ+このミニオンの攻撃で除去できるパワカ。

獣縛りのハンター以外ほぼ全てのデッキに入るでしょう。

フェーズ・ストーカー

評価:★★★★☆

これは実質4/2/3の覆面選手…

相手ヒーローによっては、後攻1ターン目にコインで出す→次ターンヒロパで秘策装備、みたいな流れも面白いかもしれません。

ハイランダーハンターに間違いなく入るでしょう。

メイジ

エレメンタルの援軍

評価:★☆☆☆☆

そもそも今拡張ではエレメンタルにあまりパワカが追加されておらず、エレメンタル軸の構成にするメリットが薄いです。

比較的エレメンタルの多いサイクロンメイジで使うにしても、手札が溢れてしまうことになるでしょう。

ヴァイオレット・スペルウィング

評価:★☆☆☆☆

単体だとホタルチョウ未満なので、採用があるとしたら1マナスペルを活かせそうなサイクロンメイジでしょうか。

ですが、その枠にはもうバナナ・バフーンがいるんですよね…

サイクロンメイジでも採用するほどの余裕はないと思われます。

マナの巨人

評価:★★★☆☆

マナ・サイクロンのスペルはもちろん、双呪文や木霊でもコストが減るのが強いかなと。

ですが、このカードでサイクロンメイジが復活するか?と言われるとちょっと疑問ではあります。

少し遅めのデッキなら、新カードが大量に追加されたハイランダードラゴンメイジのほうが優先されると思うからです。

もちろん、パワカであるとは思います。

ローリング・ファイアーボール

評価:★★★★★

巨人の除去にも使えますし、疑似的な全体除去としても使える優秀なカードだと思います。

ハイランダーメイジには間違いなく入ると思いますし、他のデッキでもメイジの5マナスペル枠を支える貴重な1枚になるでしょう。

ドラゴンキャスター

評価:★★★★☆

彫師ソリアが草葉の陰で(ry

まあ、ドラゴンメイジなら入れない理由がないレベルのパワカだと思います。

豪快な踏み倒しを見せてくれることでしょう。

魔竜の息吹

評価:★★★★☆

ボーナスは控えめですが、1マナ2点というだけでも使いやすく十分です。

ドラゴンメイジであれば確実に採用されるカードだと思います。

シェンヴァーラ

評価:★★★☆☆

たぶん、採用されるならサイクロンメイジで、チョッキンガーの代わりに入ることになると思います。

あのデッキで呪文3枚使うだけで5/5が出てくるというのはかなり強いです。

ですが、サイクロンメイジがハイランダードラゴンメイジを押しのけて環境入りするか?と考えると少し怪しいかなと。

そういうわけで評価は控えめです。

魔法のアスペクト・マリゴス

評価:★★★★☆

狙ったアップグレード呪文が確実に出るわけではないため、カザカスみたいにとりあえず使って出てきたものの中から良さそうなものを選ぶ感じになるでしょう。

まあ強いです。

アジュア探検竜

評価:★★★★☆

呪文ダメージ+2の価値とは。

除去にもフィニッシャーにも使える優秀なカード。ドラゴンキャスターと合わせるとぴったり10マナ!

ドラゴン語の習得

評価:★☆☆☆☆

「8マナ消費」というのが、マナを踏み倒したいサイクロンメイジ、ブリザードやフレイムストライクが強いドラゴンメイジで微妙に噛み合いません。

採用はないでしょう。

パラディン

ライトフォージの烈士

評価:★★☆☆☆

実際に固有カードだけでいけるか仮組みし、ドラゴンパラディンであればいけるかもしれないとの結論に達しました。

まあ、中立にもパワカが多数ありますので、ドラパラは普通にハイランダーで組んだほうが強いように思います。

ライトフォージのクルセイダー

評価:★★☆☆☆

効果は強力ですし、2枚積みできるのも脅威ですが、現状のカードプールだと素直に中立を入れたほうが強いのではないかと。

スカイアーム

評価:★★★★☆

一見地味に見えます。

ですが、攻撃力1のためクリスタル学のサーチ対象であり、また序盤にメカを展開するハイランダーパラディンとの相性も良いです。

普通にハイランダーパラディンで魔法の絨毯や歴史愛好家の代わりに採用されるような気がします。

他にも、ケンゴーの無限軍団やメカーノ・エッグを採用しない、前のめりなアグロメカパラディンができる可能性があるかもしれません。

大義

評価:★★★☆☆

アグロ寄りのパラディン全般、特にマロパラあたりで強そうな予感がします。

マーロック鮮鯛使うだけで全体1/1バフはやばいでしょう…

ブロンズ探検竜

評価:★★★★☆

3/2/3生命奪取だけでもそこそこ強いところに発見が付いているわけですから弱いわけがありません。

ドラゴンパラディンに間違いなく入るでしょう。

聖域

評価:★★★★☆

タイム!との相性があまりにも良すぎます。

聖なる怒りパラディンに間違いなく採用されるでしょう。

アンバーの番竜

評価:★★★★☆

王の守護者…

スタッツ・能力ともに申し分なく、ドラゴンパラディンに間違いなく入るでしょう。

ドラゴンライダー・タルリサ

評価:★★★★☆

このカード自体はドラゴンではありませんが、時間が経つごとに厄介になっていくヴァラニル的な動きが強いです。

ドラゴンパラディンに間違いなく入るでしょう。

時無きものノズドルム

評価:★★★★☆

最速で出すとデメリットが大きいため、ドラゴンデッキの終盤に4/8/8のバニラとして出す運用が主になるでしょう。

後半4/8/8というだけでもドラゴンデッキに入ると思います。

砂竜の息吹

評価:★★★★☆

追加効果は控えめですが、1/2バフだけでも十分で、聖なる盾が付けば有利トレードが期待できます。

ドラゴンデッキのお供ですね。

プリースト

悪党のささやき

評価:★☆☆☆☆

入るならノミプリーストでしょうが、このカード1枚だけで復権するとは思いません。

環境入りはないでしょう。

墓のルーン

評価:★★★★☆

入るなら復活プリーストでしょう。

カルトゥートと10マナで同時に使って大量回復…ンゾスがなくて良かった。

シンプルに強いカードだと思います。

ガラクロンドの使徒

評価:★★★★☆

ファラオの愛猫と似たような感じで、非常に使いやすいですね。

ガラクロンドデッキの序盤を支えるキーカードです。

無限のムロゾンド

評価:★★★★☆

雄叫びの強さは安定しませんが、単体でも8/8/8と十分なスタッツですし、相手のパワーカードを1枚コピーできるだけでもお釣りが来るかと。

ドラゴンデッキには間違いなく入ります。

クロノブレイカー

評価:★★★☆☆

チルモーより軽いとはいえ、挑発が付いていないのは相当痛い…

テストプレイで強すぎるとなって外されたんですかね。

ドラゴンデッキには入るレベルだとは思います。

精神を剥ぐものカーラージュ

評価:★★☆☆☆

一見強そうなんですが、能力に即時性がなく、どのデッキで使えばいいのか今一つ見えないんですよね。

プリーストの断末魔シナジーがより強化されてからのカードかと。

無限竜の息吹

評価:★★★★★

プリーストに欲しかったのはこういう軽いAOEなんですよね。

単体でも火山ポーション、ドラゴンがいれば1マナ軽い聖別になるのは強いです。

ドラゴンデッキの要となるでしょうし、それ以外のデッキでも横並べアグロが多ければ採用を検討されるかもしれません。

ラズールの使い

評価:★★☆☆☆

クトゥーンの振りをしたグリマールートくん…

使いやすいカードだとは思いますが、入るデッキがありません。

このカードが入るデッキがあるなら、2/2/2断末魔悪の手先がとっくに活躍していると思います。

今後に期待ですね。

運命の紡ぎ手

評価:★★★★☆

実質テンポロスしないソーリサンですし、ガラクロンドデッキに間違いなく入ります。

おそらく、プリーストのガラクロンドデッキはこのカードを軸にしたドラゴンデッキが有力になっていくでしょう。

時間断絶

評価:★★★☆☆

もう一方の固有の祈願カードは小型ミニオンでテンポ寄りなのに、こちらはコントロール寄りなのが噛み合っていません。

ですので、大型ミニオン主体の復活プリーストにガラクロンドが入ることはないでしょう。

ミッドレンジのガラクロンドドラゴンデッキには採用を検討できると思います。

名状しがたきガラクロンド

評価:★★★☆☆

バールのようなものでミニオンを破壊するんですかね(すっとぼけ)

コントロール寄りの雄叫びなのに、祈願カードの多くはテンポ寄りですし、ボーナスの爪も余計です。

色々噛み合わないんですが、おそらくミッドレンジ系デッキのフィニッシャーとして敵の盤面をスイープする役割になると思います。

ローグ

ブラッドセイルのスカイ賊

評価:★★★★★

怪盗紳士に代わる新たな1マナ海賊。

海賊デッキはもちろん、1マナ海賊もコンボの起点として使いやすく、汎用性のあるカードだと思います。

密航者

評価:★★☆☆☆

使われるならワクサドレッドを軸にした断末魔ローグです。

ですが、断末魔ローグはコントロールキラーとしての役割がガラクロンドローグとかぶっており、かつ断末魔のため始動が遅くなります。

そのため、ガラクロンドに押されて環境には出てこられないのではないでしょうか。

フリック・スカイシヴ

評価:★★☆☆☆

典型的なメタカードだと思います。

メタれそうなのはホッパーローグ、聖なる怒りパラディン、トグワグルの計略を使うデッキ全般あたりですかね?

特定のデッキがよほど増えた場合はわかりませんが、現時点ではこのカードはメタとしてあまり機能しないのではないでしょうか。

ネクリウムの薬師

評価:★★☆☆☆

使われるなら断末魔ローグでしょう。

ただ、断末魔ローグはかなり悠長な展開になってしまいますので、次の環境ではあまり見かけないと思います。

ドラゴンの宝の山

評価:★★☆☆☆

他のクラスのレジェンドはハズレの多い中立レジェを含みませんので、発見の質自体はかなり高いと思います。

ですが、既存の他クラスシナジーのテンポローグが海賊に押される可能性がかなりあり、その中でテンポを失うこのカードはちょっと厳しいのかなと。

蝋竜の息吹

評価:★★☆☆☆

使われるならワクサドレッドを軸にした断末魔ローグです。

ですが、断末魔ローグは遅めなうえ、ローグには固有ドラゴンがワクサドレッド以外になくシナジーを発揮しにくいです。

息吹シリーズの中でもあまり見ないことになりそうですね。

ワクサドレッド

評価:★★☆☆☆

沈黙を積まれてもネクリウムの刃や小瓶で断末魔を同時発動できるため、コントロールキラーとしての効果は非常に高いです。

ただ、速いアグロデッキやバリューの高いミッドレンジデッキが跋扈する環境には合っていないと思います。

影の殺し屋

評価:★★★★☆

コイン3枚がいかに強力かはローグ使いならすぐわかることでしょう。

ガラクロンドデッキのキーカードです。

ガラクロンドを讃えよ!

評価:★★☆☆☆

固有カードですが、中立の祈願カードより弱いと思います。

というのも、ローグにはサメの精霊がおり、それでミニオンの雄叫びによる祈願を2回発動できるため、祈願ミニオンの価値が上がるんですね。

ローグの固有祈願カードが2枚とも呪文なのもそのあたりが影響していると思われます。

たぶん、ピン差しがいいところではないでしょうか。

 

這い寄る悪夢ガラクロンド

評価:★★★★☆

這いよれ!ガラクロンドさん。

第二の強盗王トグワグルとして強力なフィニッシャーになりそうですね。

次環境のローグは海賊ローグとガラクロンドローグの二強だと思います。

刻まれし運命

評価:★★★☆☆

死角からの一刺しが0マナ2点ダメージであることを考えると、カードパワー自体は高くありません。

ですが、いくらサメの精霊がいるとはいえ、このカードまで抜いてしまうとガラクロンドがアップグレードしにくいと思います。

ローグで3点出せる手段も多くないですし、上手く使っていきましょう。

 

シャーマン

スコールハンター

評価:★★★★☆

この効果、すこなんだ…

アグロシャーマンの中核を成すカード。

呪文ダメージ+2しつつ5/7が出てくる、オーバーロードシナジーもある…やばい匂いしかしません。

竜牙の精霊

評価:★★★★☆

強いことは間違いないのですが…おそらくガラクロンドシャーマンはクエストシャーマンベースなので、雄叫びミニオンが優先されて呪文は後回しになりがちです。

枠は厳しいものの、それでも2枚入るでしょう。

霜の加護

評価:★☆☆☆☆

シャーマン固有の祈願カードですが、ガラクロンドシャーマンだとクエスト達成用の雄叫びミニオンが優先されそうです。

さらに、2回祈願するミニオンまでいます。

そのため、おそらく採用されないと思います。

天変地異のガラクロンド

評価:★★★★★

クエストで雄叫びが2回使えるのがやばいです。

2回アップグレードすれば8/8急襲4体ですからね…

さらにこの雄叫びをシャダウォックで使い回せるという…

どう見てもOPです。

嵐の怒り

評価:★★★★☆

某アイドルの結婚を思い出した。

実質蓮華紋でオバロシナジーもあるので弱いわけがありません。

トークンシャーマンを支えるカードですね。

荒々しい風

評価:★★★★★

トログ、サイキョー!よりはおとなしくなった。

とはいえ、オーバーロードしているだけで1/2/3になるわけですから、これも弱いわけがありません。

エレメンタル種族持ちの1マナなので、2マナ+2/+2バフカードとも相性が良いです。

アグロ・トークンシャーマンの序盤を支えるパワカ。

堕落した精霊使い

※画像では「危険文士」ですが、プレリリースイベントでは「堕落した精霊使い」となっていました

評価:★★★★★

2回祈願はだめでしょ…

しかも雄叫びを2回使えるクエストのあるシャーマンで…

公式は間違いなくシャーマンを優遇しに行きましたね。

バンダースモッシュ

評価:★☆☆☆☆

パワカ揃いのシャーマンに訪れた優しい世界。

激戦区の中、このようなランダム性の強いカードが採用されるわけがありません。

ニトホッグ

評価:★☆☆☆☆

卵は断末魔じゃなく、グルバシの供物のような仕様らしいです。

6マナ払ってグルバシの供物を2つ出すとかどんなマゾですか…

出したターンにも仕事しないですし、見かけたら驚くレベルだと思います。

天叢雲

評価:★★★★★

オーバーロードしているだけで5ダメージ…ぶっ壊れすぎている。

アグロシャーマンのTier1は確定!

他のデッキにも入り得る汎用性の高い能力だと思います。

雷竜の息吹

評価:★☆☆☆☆

シャーマンのドラゴン…

ニトホッグ…採用は厳しいです。

スコールハンター…あれは呪文ダメージ+2の5/7とオーバーロードが本体…

ウォーロック

炎の雨

評価:★☆☆☆☆

ヒーロー自傷シナジーもあるとはいえ、実質旋風剣のためカードパワーがかなり低めかと…

暗黒流れ星

評価:★★★★☆

1ターン目スルー→2ターン目ヒロパと仮定すれば、3ターン目に先攻なら全体6ダメージ、後攻なら8ダメージ。

アグロの群れに対して十分な除去性能があると思います。

ウォーロックの序盤を支えるAOEになるでしょう。

歪みしものゼラク

評価:★★★★☆

10マナでヒロパと同時に使えば、4/12+6/6。

さらに、無視して顔面を詰めようにも6/6ドラゴンが出てくる。

強いのは間違いないので、そこまで顔がもつかですね。

ヴァルドリス・フェルゴージ

評価:★★★★☆

逃げ足さん…

どう考えても強いです。

7マナ4/4+4ドローに加え、手札の枚数が増えることで溢れにくくなり山の巨人が出しやすくなる。

あとはそこまで顔が(ry

奈落の召喚師

評価:★★★★☆

性悪二世…

本体が1マナ相当なので、手札5枚で使うだけでも十分。

さらに、ハンドロックは手札が増えやすいので、容易に8/8挑発レベルが出せます。

おまけにヴァルドリス・フェルゴージでサイズの上限も増える。

ハンドロックのキーカードですね。

熱狂のネザーウィング

評価:★★★★☆

鬱陶しい虫ケラどもめ!(幻聴)

ダスクブレイカーと比べ5マナと重い、自分の顔にもダメージが入るのが難点ですが、本体スタッツはこちらのほうが5/5と高いです。

ドラゴンデッキのキーカードでしょう。

冥竜の息吹

評価:★★★★☆

素の効果は2マナ2ダメと弱めですが、ドラゴンがいると一気に4ダメ生命奪取という壊れ性能になるカード。

このカードを積むならドラゴンを多めにいれたいところです。

こちらもドラゴンデッキのキーカードでしょう。

面隠す信奉者

評価:★★★★☆

2回祈願しただけで3ドローは狂ってるなあ…(誉め言葉)

ガラクロンドデッキの中心になりそうです。

悪鬼の秘跡

評価:★★★☆☆

ガラクロンドのヒロパ効果により、1/1のインプにも攻撃力+1が付きますが、ややカードパワーは低めですね。

それでも貴重な固有祈願カードです。

ドラゴンブライトの狂信者

評価:★★★☆☆

効果的には、最低3/1に1/1が2体付いてくると考えると、中立のマイクロロボ操縦者より強めです。

やや脆いですが、横展開できて使いやすいのではないでしょうか。

邪悪の化身ガラクロンド

評価:★★★★☆

1/1のインプを2体召喚する祈願効果から、ズーのフィニッシャーになると見ています。

従来のズーよりは遅めかつ重めですが、カードパワーが高くコントロールにも押し負けない貴重なアグロになるのではないでしょうか。

ウォリアー

儀式用斧

評価:★★★☆☆

2マナで4点出せますが、2ターン目に4点出したいことは稀です。

しかも次のターンには1ダメージになってしまいます。

使いにくさもありますが、貴重な固有祈願カードです。

目覚めよ!

評価:★★★☆☆

このカードの存在が、ガラクロンドを自傷シナジーベースで組んだほうがいい理由です。

泡を吹く狂戦士を出しておいて、このカードで攻撃力を上げて…みたいな動きができます。

カードパワーがすごく高いわけではありませんが、上手く使えば機能すると思います。

 

衝突事故

評価:★☆☆☆☆

使い切りのスーパーコライダー。

自ヒーローがダメージを受けない・挑発を超えられるなどの利点もありますが、これを入れるよりはコライダーをピン差ししたほうが良いと思います。

空の略奪者

評価:★★★★★

アグロ・ミッドレンジの序盤を支えるキーカード。

海賊シナジーがなくても強いですし、あればそれこそ圧倒的なパワカとなります。

まさしく海賊ウォリアーの復活を告げるカードですね。

飛行砲撃はしけ

※画像では「飛空バージ」となっていますが、プレリリースイベントでは「飛行砲撃はしけ」となっていました

評価:★★★★★

スタンダードに帰ってきた艦載砲。

艦載砲がワイルドでもあれだけ暴れたわけですから、スタンで暴れないわけがありません。

スタッツ的にも除去しにくく、間違いなく壊れカードですね。

悪党同盟の補給係

評価:★★★★☆

非常に素直な効果で使いやすいです。

ウォリコンの3マナ枠にシールドブロックとともに採用されるでしょう。

良くも悪くもウォリコンは今までとあまり変わらないのではないでしょうか。

破滅の御子

評価:★★★☆☆

一応ドラゴンですが、ドラゴンシナジーは考えないほうがいいです。

というのも、祈願のあるウォリのガラクロンドデッキは自傷ベースで組んだほうが強く、ドラゴンを入れる枠がないからです。

効果が発動したら3マナ計9点除去と強いですが、3/2急襲として使う覚悟もしておきましょう。

イカリ

評価:★★★★★

今回の海賊ウォリの「核」となるカードですよ…

武器で殴るだけで1ドロー、しかも耐久度を増やせばそれだけドローできる。

さらに悪辣なる海賊を引けば低マナで出せる。

まさしく「攻撃・展開・補充」を1枚でこなせるカードなわけです。

一つの動きで複数のことができるデッキは高確率でTier1になります。

レジェのため安定して装備できるとは限らないものの、イカリで攻めるプランがあるだけでも大きな脅威ですね。

溶岩流の息吹

評価:★★★☆☆

効果自体は強いんですが、たぶんあまり見かけないと思います。

というのも、ウォリのドラゴンは防御的な性能が多いですが、守りに関してはならドラウォリよりも既存のウォリコンのほうが堅いからです。

ドラゴンウォリアー自体が少ないと思われるので、このカードの採用も多くはならないでしょう。

絶対無敵ガラクロンド

評価:★★★☆☆

雄叫びやヒロパから考えると、自傷ベースのミッドレンジデッキにおいて、リソースを補充しつつ試合を決める役割が合っていると思います。

速度は若干遅めで、海賊ウォリに比べて明確なアドバンテージを打ち出しにくくはありますが、環境にコントロールデッキが増えてきたころに力を発揮してくることでしょう。

狂暴のアスペクト・デスウィング

評価:★★★☆☆

カード自体はかっこいいんですが…

まず、ドラゴンウォリアーがウォリコンと比べて防御面で利点を挙げにくいこと。

加えて、本体の性能も攻撃と防御の中間のようなものであること。

以上から、環境においては猛威を振るうというほどではないと推測します。

中立

灰色の魔法使い

評価:★☆☆☆☆

ヒロパメタとしてはあまりに心もとないです。

美味しいマロバルーン

評価:★☆☆☆☆

ドラゴンとマーロックは共存できません。

ファイアーホーク

評価:★☆☆☆☆

相手手札メタは弱いと相場が決まっています。

ゴボグライダー技士

評価:★☆☆☆☆

このカードを入れるぐらいならメカを足します。

生きているドラゴンブレス

評価:★☆☆☆☆

メイジが滅茶苦茶流行らない限り無理です。

ヒポグリフ

評価:★☆☆☆☆

4/2/6挑発に急襲を付けたぐらいで使われるようになるとは思えません。

スカイフィン

評価:★☆☆☆☆

ドラゴンとマーロックは共存できません。

オートジャイロ

評価:★★☆☆☆

疾風のハーピィ…

ブームから発見できたら当たりだと思います。

爆熱バトルメイジ

評価:★★★☆☆

魔法のワタリガラス…

一見強そうに見えて実は居場所があまりないパターンでしょうか。

入るとしたらハイランダーズーあたりですかね。

財宝荒らし

評価:★★☆☆☆

コボルトのクズ拾いよりは強いですが、武器を使い回す動きは悠長でやりにくいです。

パラシュート・パイレート

評価:★★★★★

海賊デッキの要。嫌というほど見かけるはず。

トロルのコウモリ騎兵

評価:★★☆☆☆

カエルの精霊やサメの精霊のメタとしては有効だと思いますが、枠があるかどうか…

ウィングコマンダー

評価:★☆☆☆☆

このカードを入れるぐらいならドラゴンを足します。

スケイルライダー

評価:★★★★☆

ファイアーツリーの呪術医とともに、汎用的なドラゴンシナジーカードとして活躍すると思います。

ぽっちゃりチビドラゴン

評価:★★★★☆

焚火のエレメンタル…

分かりやすい強カードで、ドラゴンデッキに多く採用されるでしょう。

ウトガルドのグラップル狙撃手

評価:★☆☆☆☆

相手ハイランダーメイジ…カレクゴス…あっ(察し)

ブロートーチ妨害工作員

評価:★☆☆☆☆

ヒロパメタとしてはあまりに心もとないです。

ドラゴンモーの密猟者

評価:★★★☆☆

ドラゴンデッキのメタとしては有効だと思いますが、アグロデッキ多数の中でそこまで数が増えるかどうか。

素でも4/4/4ですし、環境次第では出番ありだと思います。

無貌の変性者

評価:★★★☆☆

中立としては相当強いと思いますが、枠がありますかね…

急襲ミニオンを増やしたいデッキであれば候補に挙がってくると思います。

ワームレストの浄術師

評価:★☆☆☆☆

中立パラディンに入れる?だったら最初からこのカードを抜いたほうが早い。

プレートブレーカー

評価:★★★★☆

実際に入るかどうかは環境や枠次第ですが、このカードが存在しているという時点でプレイングに影響を与えるカードですね。

今後ウォリコンが増えてきたらアグロデッキにピン差しされていくことでしょう。

コバルト・スペルキン

評価:★★★☆☆

特にハイランダードラゴンメイジとの相性がいいですね。メイジは1マナスペルが強いですから。

あとはハイランダードラゴンパラディンのリソース補充にも役立ちそうです。

ドラゴンハンドロックにも悪くなさそうですが、5マナが激戦区なうえウォロの1マナにはハズレも多いので入らないかなと。

フリズ・キンドルルースト

評価:★★★★☆

普通に強いカードです。

ただ、特にハイランダーデッキだと思ったほどドラゴンが入らないことも多く、事前の盛り上がりほどの暴れ方はしないように思います。

触手の脅異

評価:★☆☆☆☆

相手にドローさせているのがちょっと…ミルデッキに?

爆雷

評価:★★★☆☆

第二の終末予言者。

「ハイランダーデッキが アグロに耐えられなくなったとき 入れるがよい」みたいな感じですかね?

枠が厳しそうですが、環境次第で出番も見込めるのではないかと。

悪運アホウドリ

評価:★★☆☆☆

分かりやすいハイランダーデッキメタ。

役割としては明確です。

ただ、爆弾ウォリアーがいてもハイランダーデッキは普通に活躍していましたから、このカードが機能するかどうかはちょっと疑問です。

タタリガラス

評価:★☆☆☆☆

せめて体力+3にしてほしかった…中立でそれだと強すぎますかね。

コボルトの棒ドロ

評価:★★★☆☆

武器を奪うというのは、おそらく破壊せずにそのまま装備することだと推測します。

一見強そうですが、武器を使用しないデッキではただの5/4/4であることを考えると、普通にハリソンでいい気もしますね。

もしかしたら、イカリでサーチできることで悪用されるかもしれません。

竜の女王アレクストラーザ

評価:★★★★★

ハイランダーデッキには間違いなく入りますし、またハイランダーデッキをドラゴン軸で組んだほうがいい理由そのものでもあります。

効果も強く、手札にあってもドラゴンシナジーの起点になってくれるのがいいですね。

ドラゴンブリーダー

評価:★★★☆☆

キンドルルーストでコストが下がった竜の女王アレクストラーザをコピーできるとすごく強いです。

ただ、ドラゴンデッキだとドラゴンを増やしたいことが多くてなかなか枠がないですね。

クロマティックの卵

評価:★★☆☆☆

面白いカードですが、雄叫びによる断末魔獲得であることから、断末魔を悪用しづらく使いにくいと思います。

ズルドラクの儀式官

評価:★★☆☆☆

第二のヤジロボ。トークンデッキにはエサを与えてしまうことに…

もっと丸いカードを採用したほうがいいように思います。

熱気球

評価:★★★★☆

メカデッキを支える優秀な1マナミニオン。

メカハンターやハイランダードラゴンパラディンに入ると予想します。

偽装した飛行船

評価:★☆☆☆☆

こんな悠長なことするぐらいなら超電磁で試合決めに行く…

クロンクス・ドラゴンフーフ

評価:★★★★★

ガラクロンドデッキには入れない理由が全くないひと。

以下の効果はどれも強力。

  • 挑発を持つ8/8のドラゴンを1体召喚する
  • 自分の他のミニオン全てに+2/+2を付与する
  • 敵のヒーローに5ダメージを与え、自分のヒーローのライフを5回復する
  • 他のミニオン全てに5ダメージを与える

特にガラクロンドローグはサメの精霊で(しかも同じターン内に)、ガラクロンドシャーマンはシャダウォックでこの雄叫びを2回使えるので非常につよい(確信)

シュ=マ

評価:★☆☆☆☆

シューマではない。

何しに来たのだろうか…闘技場ならともかく構築だとさすがに使いどころが浮かびません。

サスロヴァール

評価:★★★☆☆

今は聖なる怒りパラディンでシャヴァーラを増やし続けるだけの簡単なお仕事です。

次拡張以降で新たな使い道が発見されるかもしれません。

心血注ぐ献身者

評価:★★★☆☆

本体2マナ相当&祈願1マナ相当なのでカードパワーが低い…

けれど攻める系の祈願デッキには入れないと回らないという悲しみ。

双暴帝

評価:★★☆☆☆

悪くはないですが、8マナ帯は激戦区です。

除去効果が不安定なこのカードは、ドラゴンデッキにもちょっと採用しにくいですね。

ガラクロンドの盾

評価:★★★☆☆

マナ効率的にはいいんですが、完全に守備的な性能のため、攻撃的なガラクロンドデッキには入れにくいですね。

心血注ぐ献身者とはデッキ特性に応じて使い分けていく感じです。

躱し身のキメラ

評価:★☆☆☆☆

メイジならちょっと除去しにくい。それだけ。

躱し身のドラゴニッド

評価:★★★☆☆

相当数入るだろうと思いきや、実際に組んでみると意外と入らず。

やはり7マナは重いので、アグロを意識してもっと軽いカードを増やしたくなることが多かったですね。

躱し身のフェイウィング

評価:★★★☆☆

ドラゴンとしては4マナと軽めなので、特に後半重くなりがちな構成のドラゴンデッキでは候補に入りましたね。

躱し身のワーム

評価:★★★☆☆

6マナという絶妙なサイズに急襲持ちということで、デッキによっては採用されるという印象でした。

特に、ハイランダードラゴンパラディンでアッシュモア伯爵夫人から引いてくる動きが効果的だと思います。

魔改造師

評価:★★☆☆☆

ズーの魂箱と相性がいいですね。小さな大悪党ラファームとでも言いますか。

状況次第で出番もありそうです。

 

ドルイド新デッキ

トレントドルイド…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAZICAiT3rQMO/QLtA/cD5gXf+wLh+wK//QLVgwPOlAPTnAPtogP8rQP+rQP/rQMA

解説:脅威の再展開力!!

トレントシナジーを活かしたトークンデッキ。

序盤の展開力はもちろん、中盤以降になってもリソースを補充しながら展開できるため、息切れしにくくコントロールデッキに対しても継続して戦えます。

ハンター新デッキ

ハイランダードラゴンハンター…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAR8engG1A8cDhwTJBK4G2wn+DJjwAqCAA6eCA5uFA6CFA/WJA/mWA76YA/yjA+SkA5+lA6KlA6alA4qtA46tA/uvA/yvA/6vA4WxA4exA5GxA9iyAwAA

解説:ドラゴンと秘策の融合

前環境のハイランダーハンターにドラゴン要素を追加したデッキ。

ドラゴン要素は控えめにし、カード単体でのパワーと前環境での強さを重視した構成となっています。

横並べアグロには弱いですが、他のハイランダーデッキやコントロールデッキに対して総じて有利に出られるのが強みですね。

メカハンター…オススメ度:★★★★★

デッキコード:AAECAR8ErwSggAOHsAOftwMN4vUC7/UCufgCkfsCmPsCqPsC9v0C1/4CiYADzIEDtpwD/K8D6rADAA==

解説:盤面もフェイスも最大火力!

新カードのドラゴンベインを軸にメカハンターを再構成したデッキ。

息切れこそしやすいですが、ドラゴンベインによりフェイスへの圧力も増し、新カードのドワーフの狙撃手や熱気球により序盤の動きも安定しやすくなっています。

メカ軸のためウォリコンにも強く、盤面・フェイスともに詰めていけることから、アグロデッキの中でも非常に有望です。

メイジ新デッキ

ハイランダードラゴンメイジ…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAf0EHooByQOrBMUEywSWBeEH7AeNCKCAA+iJA4OWA5+bA6CbA4qeA6GhA/yjA5KkA7+kA/KlA/WsA/qsA+yvA/CvA4iwA+ewA4GxA5GxA+G2A5+3AwAA

解説:トップクラスのデッキバリュー!

既存のハイランダーメイジをドラゴン軸で再構成したデッキ。

高バリューなカードが非常に多く、コントロールデッキに対しては無類の強さを誇ります。

ただ、アグロ系デッキの群れに対してどこまで戦えるか?というのが少し心配ではあります。

パラディン新デッキ

ハイランダードラゴンパラディン…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAZ8FHtwDzwb6Bq8Hm/ACuPICkfsC9v0C1v4C2f4C4f4CoIAD6IkDrZQDg6EDxaED/KMDh60Dh64DiK4DkK4Dna4DoK4DiLAD57ADgbEDhbEDh7EDkbEDn7cDAAA=

解説:ついにアッシュモア伯爵夫人環境入り!?

既存のハイランダーパラディンをドラゴン軸で再構成したデッキ。

序盤はメカでしのぎ、後半からドラゴンのバリューで試合展開を有利にしていきます。

他のハイランダーデッキと比べて比較的軽く、回復や生命奪取もあることからアグロに対しても強く出られるのが特徴です。

急襲や生命奪取を持った新ドラゴンの登場により、アッシュモア伯爵夫人がドローソースとして活躍しやすくなっているのもポイントです。

中立なしドラゴンパラディン…オススメ度:★★★☆☆

デッキコード:AAECAZ8FBNwD+gaHrQOgrgMNrwe48gLW/gLZ/gLh/gKtlAPFoQOHrgOIrgOQrgObrgOcrgOdrgMA

解説:組んでみたら意外といけそうだった

パラディンの固有カードのみで構成したデッキ。

序盤はメカ、後半はドラゴンを出していくのはハイランダードラゴンデッキと同様。

ライトフォージのクルセイダーの手札5枚補充が特に強力と思われる。

今環境の台風の目となれるか?

プリースト新デッキ

ガラクロンドドラゴンプリースト…オススメ度:★★★☆☆

デッキコード:AAECAa0GBqKHA6qvA4iwA46xA+O0A8jAAwzlBPIM6IkD16wD2qwD3KwD8qwD/q4Dza8D57AD/7ADhbEDAA==

解説:祈願しないとタランジのミニオンが足らんじ

ガラクロンドを軸に、ドラゴン中心で構成したデッキ。

祈願でリソースを増やしつつ、ドローを進めてガラクロンドを探しに行きます。

フィニッシャーはタランジ王女で、祈願で貯めたミニオンを一気に盤面に展開できます。

手札管理に注意が必要なデッキだと思います。

ガラクロンドコンボプリースト…オススメ度:★★★☆☆

デッキコード:AAECAa0GBqeHA6mlA/2nA6qvA+O0A8jAAwz4AuUE9gfVCNEK8gz3DK+lA9KlA4SoA9qsA/6uAwA=

解説:こういう使い方もあり?

既存のコンボプリーストをガラクロンドを軸で再構成したデッキ。

1/1/2のガラクロンドの使徒が使いやすく、祈願でリソースを確保できるため手札切れも起こしにくいです。

ただ、通常のコンボプリーストのほうが使いやすいという可能性もありますね。

ローグ新デッキ

海賊ローグ…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAaIHBLICyAOvBOf6Ag20AcsDqAXUBe4GiAem7wKPlwOJmwP/pQP1pwO/rgPpsAMA

解説:脅威の速さと攻撃力!

君の名は新海賊ローグ。

既存のテンポローグをベースに、海賊を中心に再構成したデッキです。

新カードはブラッドセイルのスカイ賊とパラシュート・パイレートだけですが、盤面展開力が大幅に上がり強化されています。

後述の海賊ウォリアーにはリソースの補給面などで少し及びませんが、環境トップクラスの力を持っていると思います。

ガラクロンドローグ…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAaIHBLICkpcD47QDy8ADDbQB7QKIB90I7/ECtIYDj5cDiZsD9acDtq4D/q4Dqq8Dzq8DAA==

解説:サメの精霊がとにかく強い!

ガラクロンドをフィニッシャーとしたローグ。

アグロに押し負けないように、腹裂きやライフドリンカーを入れて攻守ともにバランスの取れた構成にしました。

サメの精霊の効果で祈願を2回進められるのが強力です。

祈願で悪の手先が手に入るため、トグワグルの効果も発動しやすいです。

サメの精霊と合わせることでクロンクス・ドラゴンフーフの効果が10マナで2回発動するのが非常に強いです!

シャーマン新デッキ

アグロシャーマン…オススメ度:★★★★★

デッキコード:AAECAaoIApn7AualAw7vAeAC+QPgBrDwAvbwAo/7Apz/AoyFA/aKA8aZA6ytA7atA+2tAwA=

解説:あまりにも無慈悲すぎる高火力

オーバーロードを軸としたアグロデッキ。

とにかく火力がハンパではないです。

カエルの精霊でぶん回ったら手が付けられません…

オーバーロードのため多少動きは遅くなるでしょうが、それでも最強の一角だと思います。

トークンシャーマン…オススメ度:★★★★☆

デッキコード:AAECAaoIAuAG5qUDDtMBkwn28AKP+wKc/wKMgAOMhQO0lwPGmQP0mQPUpQP5pQO1rQO2rQMA

解説:進化シャーマンの魂は死なず

ミニオンを横に展開して盤面を取ることを目指したトークンデッキ。

新カードの嵐の怒りが完全に進化の後釜ポジションであり、盤面を強化しつつマーロックの魂で除去されにくくする動きは相変わらず強いと思われます。

全体的にアグロシャーマンよりはおとなしめですが、武器破壊の影響を受けないため、メタが回ってきたころに浮上する可能性がありそうです。

ガラクロンドクエストシャーマン…オススメ度:★★★★★

デッキコード:AAECAaoIBu/3ArSXA+GoA7etA+O0A9PAAwycAt4F7/ECtJEDxpkDu6UDz6UD1KUD1aUDua0D/q4Dqq8DAA==

解説:誰がどう見ても最強

ガラクロンドを軸にしたクエストシャーマン。

デッキパワーが高すぎて、早くもパワカが続々不採用になる阿鼻叫喚の展開に。

祈願の急襲エレメンタルで盤面を取れるためトークンやアグロにも強く、雄叫びのバリューも最高峰。

早々に武器で殴っていくぐらいしか対策方法がなく、ほぼ全方位隙がありません。

間違いなく次環境で人気・実力ともにNo.1のデッキになるでしょう。

アグロシャーマンもいるからシャーマン戦のマリガンがきつい…

ウォーロック新デッキ

ガラクロンドズー…オススメ度:★★★☆☆

デッキコード:AAECAf0GAuO0A/G/Aw4w0wGxCMII9v0C+v4C3IYDiJ0D+6QDgaUD6KwD6qwDqq8D068DAA==

解説:実はアグロもいけるガラクロンド

ガラクロンドを軸にしたズー。

祈願でひたすら横展開しつつ、ガラクロンドの悪魔召喚と爪で試合を決めに行く。

読めない部分も多く、アグロの中ではダークホース的存在。

ドラゴンハンドロック…オススメ度:★★★☆☆

デッキコード:AAECAf0GBKCAA/GsA4iwA/G/Aw2KAfsG4QeNCMQIxfMCoaED8qUD5awD66wD7KwD7qwD57ADAA==

解説:徹底的に顔を守り切れ!

ドラゴンを軸にしたハンドロック。

手札が貯まりやすく、大型ミニオンを容易に出すことが可能。

アグロを意識して挑発や回復を多めに入れています。

実際に使ってみて、防御性能がどこまであるかがポイントだと思います。

ウォリアー新デッキ

海賊ウォリアー…オススメ度:★★★★★

デッキコード:AAECAQcEyAOvBIOnA96tAw0csAL/A44FqAXUBe4G5wfPiQP1qAPcrQPdrQPpsAMA

解説:攻撃・展開・補充…海賊は何度でも蘇る

新海賊ウォリアーは天敵の子…

海賊をベースにしたアグロデッキ。

なるべくヒロパを使わないように、海賊ローグよりも2マナ海賊を多めに入れています。

イカリを使えればリソースが安定しますし、使えなくてもオクトサリを出せば第2ラウンドに突入できる可能性が出てきます。

ガラクロンドシャーマンと並ぶ二大トップデッキになると予想しています!

ガラクロンドウォリアー…オススメ度:★★★☆☆

デッキコード:AAECAQcE0gKvBOO0A8XAAw0WHJ0CjgWF7QKd8AKfoQP0pwPcqQPYrQParQOqrwPSrwMA

解説:海賊に 負けず劣らず アグレッシヴ

ガラクロンドをベースにしたミッドレンジ自傷デッキ。

ガラクロンドデッキの中では攻めが早く攻撃力のあるほうですが、さすがに海賊ウォリアーには及びません。

環境次第で評価が大きく変わりそうなデッキです。

ハイランダードラゴンウォリアー…オススメ度:★★★☆☆

解説:ウォリアーのドラゴンは守りの竜

ドラゴンをベースにしたコントロールデッキ。

普通のウォリコンに比べ、ミニオンのバリューが優れています。

ウォリアーでドラゴンデッキを組むとこのような構成に近づいていくのではないでしょうか。