eスポーツ・ゲーム

ハースストーン探検同盟事前評価~中立編~

この記事は中立のカード評価詳細です!

全ヒーローの概要はコチラ!

Contents

笑顔の相棒 評価:★☆☆☆☆

笑顔の相棒

出典:ハースストーン公式

やべえ、笑顔が爽やか…

1ターン目に出しておいしくない1マナミニオンは構築には入らないと相場が決まっています。

採用はないでしょう。(もしあるとしたらズーで鬼軍曹の代わり?)

 

壺の商人 評価:★★☆☆☆

壺の商人

出典:ハースストーン公式

一見弱そうに見えますが…

みなさん、大切なものを忘れていませんか?

そう、魔法の絨毯ですよ。

ズーに入れれば絨毯の種を補充できますし、パラディンでも絨毯を採用してハンドバフをかければ十分使えます。

本当に売っていたのは壺ではなくて絨毯でした!というオチなのです…

 

ミーラック 評価:★★★★☆

ミーラック

出典:ハースストーン公式

アージェントの従騎士・メカンガルーの系譜。

確実にマーロックシャーマンで採用されるでしょう。

クエストパラディンでも使えますし、普通に良ミニオンだと思います。

 

魔古の狂信者 評価:★☆☆☆☆

魔古の狂信者

出典:ハースストーン公式

さて、一体何ヒーローがこの能力を使えるのか…

一番簡単そうなのはローグですが、ローグならホッパーを使ったほうがいい罠。

あとはウォロでグリンダのコストをジェペットで下げて並べるとか、ドルイドのエリーズプルンプルン無限コピーで増やすとか…ちょっと実用レベルとはいいにくいですね。

将来的に増殖コンボが追加されるかもしれませんが、今は採用されないですね。

 

フィッシュフリンガー 評価:★★★☆☆

フィッシュフリンガー

出典:ハースストーン公式

フィッシュブリンガーと言い間違える人が出るに30000ペリカ!

普通に悪くないカードです。

マーロックミラーでもない限り、相手にマーロックを1枚渡すことはそこまで大きなデメリットにはなりません。

相手の手札が9枚の時に出してカードを燃やすこともできますし。

多少のデメリットはありますが、2マナがやや手薄だったマーロックシャーマンの採用候補になりそうです。

 

ヴァイルフィーンド 評価:★☆☆☆☆

ヴァイルフィーンド

出典:ハースストーン公式

急襲がついていない生命奪取は使われないと相場が決まっています。

悪魔種族にしても、今拡張で特に有効なシナジーが追加されたわけではありません。

悪の手先の2マナ召喚枠としてはまずまずといったところですが、採用はないです。

 

傷を負ったトルヴィア 評価:★★★★☆

傷を負ったトルヴィア

出典:ハースストーン公式

2/2/3挑発というだけでも十分な強さ。

加えて、特にプリーストで強いです。

ノースシャイア→トルヴィアと出されたらそれだけでキツゥイ!

コンボプリーストに間違いなく入るでしょう。

あと、無貌の悪の手先の当たりとしても脅威ですね。

「傷を負った=プリーストで使ってください」という「フリ」なのでは??

 

寺院の狂戦士 評価:★★☆☆☆

寺院の狂戦士

出典:ハースストーン公式

蘇り付きとはいえパワーが低めなカードその1。

アマニの狂戦士と違い、攻撃力が+2止まりなのもマイナスです。

一応蘇り後に3/1で出てきてはくれるのですが…

パラディンのクエスト達成用に入れる感じでしょうか。

 

ヘビの卵 評価:★★★☆☆

ヘビの卵

出典:ハースストーン公式

帰ってきたネルビアンの卵。

出てくるミニオンは少し弱くなっていますが、2マナという軽さが活きそうです。

プリーストの新カード「凄惨な再生師」と組み合わせるとマナカーブ的にも相当いい感じですね!

他にも断末魔軸のデッキで活躍してくれることでしょう。

 

昆虫採集家 評価:★☆☆☆☆

昆虫採集家

出典:ハースストーン公式

中立のスプリングポー。

急襲持ちをすぐに召喚できる分、スパーク・エンジンより強いです。

ただ、本体が獣でないことが致命的なマイナスですね。

獣ならクエストハンターに採用されたかもしれませんが…

 

コボルトのサンドトルーパー 評価:★☆☆☆☆

コボルトのサンドトルーパー

出典:ハースストーン公式

ナーフ前レプラノームのダメージが1増えた分1マナ重くなったミニオン。

さすがにテンポロスが大きいので構築では採用されないでしょう。

無貌の悪の手先から出てくる分には悪くないと思います。

 

唾を吐くラクダ 評価:★★☆☆☆

唾を吐くラクダ

出典:ハースストーン公式

ラクばかりするとラクダになるぞ。

採用されるなら自傷型のテンポウォリアーですかねえ。

血盟の傭兵の登場でテンポウォリアーが台頭しそうなので、このカードもワンチャンあるのではないかと考えています。

ただ、さすがに枠争いは相当厳しいですね…

 

ドワーフの考古学者 評価:★☆☆☆☆

ドワーフの考古学者

出典:ハースストーン公式

最高値バニラなのに能力がよくわからないカード。

そんなポンポン発見するようなデッキってありましたかね?

1枚発見したぐらいじゃ割に合わないと思うのですが…

(たぶん採用は)ないです。

 

流砂のエレメンタル 評価:★☆☆☆☆

流砂のエレメンタル

出典:ハースストーン公式

苔むしたモノノケと合わせれば攻撃力4以下のミニオンを全除去できます。

ただ、8マナ&カード2枚でしたい動きかというと微妙…

コンボ前提のカードなので、良い相棒が見つかるまで活躍はお預けですね。(スタン落ちまで来ないかもしれない)

 

偉大なるゼフリス 評価:★★★★☆

偉大なるゼフリス

出典:ハースストーン公式

状況に合ったカードをAIが自動で判別して発見の候補に挙げるという画期的なカード!

ベーシック・クラシックのカードのみが候補になるようです。

精度がどれくらいのものかは試してみないとわからないですが、カードのバリューはかなり高くなると見ていいでしょう。

単純に2/3/2で1枚発見というだけで強いので、十分にハイランダーを組む意義はあるのではないでしょうか。

あと、エレメンタルなのでサンドバインダーでサーチできるのも大きいんですよね。

ハイランダーでは、シアマトと一緒に入れてどちらかをサーチする動きが主流になりそうです。

 

クエスト中の探検家 評価:★★★★☆

クエスト中の探検家

出典:ハースストーン公式

 

クエストデッキなら入れない理由がないパワーカードです。

クエストを達成しても最低限2/2/3にはなりますので、ほぼ入れ得と言えるでしょう。

問題があるとすれば、今回のクエストは既存の構築に自然に入るものが多いため、このカードを入れるとなると多少構築を崩す必要が出てくるということです。

とはいえ、効果は強力ですので、なんとか枠を割いて入れたいところです。

 

ネフェルセトの儀式官 評価:★★☆☆☆

ネフェルセトの儀式官

出典:ハースストーン公式

入るならプリーストですね。

トルヴィアや剣匠の回復にも使えますし、蘇りミニオンを回復してもいいです。

コンボプリでも復活プリでも入る可能性があると思います。

ただ、ミニオン限定の回復となるとさすがに枠が厳しい気もしますので、実際に採用されるかは微妙なところです。

 

ロウソク盗リャー 評価:★★☆☆☆

ロウソク盗リャー

出典:ハースストーン公式

蘇り付きとはいえパワーが低めなカードその2。

クエストパラディン以外で入る未来が見えません。

ですが、実際にクエストパラディンを組んでみると驚くほど3マナがないため、消去法的にこのカードが入りそうです。

 

黄金スカラベ 評価:★★★☆☆

黄金スカラベ

出典:ハースストーン公式

…コスト5のカード1枚を発見する4/3/3のダイヤモンドスカラベマダー?

コスト4のカードというだけだと、狙って特定のカードを取るのは難しそうです。

獣シナジーを活かすためハンターに入れる感じでしょうか。

カバールの飛脚のように、ハイランダーデッキ、とりわけハイランダーハンターに入る可能性があるかもしれません。

ただ、結構ハイランダーハンターは他候補も強力なので、枠争いは激しくなるでしょう。

実際、私はハイランダーハンターの30枚目に、このカードと迷ってラムカーヘンの野獣調教師を選択しました。本体スタッツがいいというのが理由です。

ただ、本体が獣であること、カードを確実に手に入れられることを評価するならこちらが入ることもあると思います。

 

砂漠ウサギ 評価:★★☆☆☆

砂漠ウサギ

出典:ハースストーン公式

野良猫より2マナ重くて1/1が一体増えるだけと、カードパワーはかなり低いです。

3体召喚するだけならマイクロロボ操縦者のほうが強いので、必然的にシナジー前提の採用となるでしょう。

クエストハンターならクエスト消化の役に立つため一考の価値ありです。

ただ、一番の問題はクエストハンターが弱そうなことですね…

一応、ハンタークエスト達成後にヒロパ&ツンドラサイと合わせると14ダメージ出せることは評価できます。

 

トラブルメーカー 評価:★★☆☆☆

トラブルメーカー

出典:ハースストーン公式

1枚じゃいられない、デッキにいたくない。

シンプルに使うなら、ノームフェラトゥのように相手のコンボパーツを消すような感じかなと。

あとは、自分のデッキを引き切ったあと悪意の銀行家で1枚埋めて、埋めたカードを相手に押し付けるとか。(今のところ強そうな使い方は思いつきませんが…)

環境しだいで入るメタカードという位置づけでしょう。

 

ヴァルペラの悪党 評価:★★★☆☆

ヴァルペラの悪党

出典:ハースストーン公式

ミステリーチャンスというワードが面白いですw

やっていることは1マナ呪文発見と大差ありませんが、少ないテンポロスで「呪文」を手札に加えられるというのは大きいですね。

サイクロンメイジの3ターン目の択としても悪くはないですが、さすがに2枚追加できるバナナ・バフーンのほうが上ですね。

あるとしたら、ドラゴンメイジに伝書鴉の代わりに採用されるケースかなと思います。

あとは、ハイランダードルイド・ハイランダーメイジあたりで呪文を補充したい場合に採用するのもありかなと。

 

歴史愛好家 評価:★★★☆☆

歴史愛好家

出典:ハースストーン公式

西村ヒロチョ先生に弟子入りしてロマンティックになってきてください。

ミニオンにハンドバフするためにはミニオンをため込んだほうがいいのですが、そのミニオンを出さないとハンドバフできないというのが気になります。

弱くはないと思いますが、さすがに同じ3マナなら魔法の絨毯のほうが強いと思います。

ただ、スタッツは良好なので、環境しだいでアグロデッキに採用される可能性はあるでしょう。

 

太っ腹ミイラ 評価:★☆☆☆☆

太っ腹ミイラ

出典:ハースストーン公式

デメリットがあまりにも大きすぎます…

さすがに蘇り要員としてクエストパラディンに積むこともできないレベルです…

沈黙プリーストにしたってもっとスタッツのいいミニオンが他にいますし…

3マナ招来の外れ枠ですね。

 

虫食いゴブリン 評価:★★★★☆

虫食いゴブリン

出典:ハースストーン公式

これは強いですね!

間違いなく挑発ウォリアーの中核をなすでしょうし、2枚手札に加えるのでハンドバフ全般に強いです。

既存デッキなら、トークンドルイドに入れても悪くないですよ! 盤面を守りつつ、破壊してくれれば4ターン目の狐火の森にもつながりますし。

あとは、プリーストでアメトとスカラベを同時に出して1/7の壁にするとか…

とにかく、壁役として優秀だと思います。

 

ボーン・レイス 評価:★★★★☆

ボーン・レイス

出典:ハースストーン公式

今回の汎用中立枠ですね。

ヘドロゲッパーのように、2手要求する挑発は強いと相場が決まっています。

コストも4マナと軽めで文句なしですね。

とりあえずアグロ対策のために雑に入れて問題ない性能だと思います。

 

日射病の子分 評価:★☆☆☆☆

日射病の子分

出典:ハースストーン公式

やっぱりデメリットが大きいですね…

せめてヘルスがもっと高ければ挑発付与で役立ったかもしれませんが…

沈黙プリーストにしてももっと優s(ry

不採用です。

 

うつろう蜃気楼 評価:★★★☆☆

うつろう蜃気楼

出典:ハースストーン公式

意外といいんじゃないでしょうか?

パッと思いついたのはウォリコンですね。

相手を足止めしつつ、デッキを減らさずファティーグを遅らせることができますから。

4ターン目これ→展開→5ターン目乱闘とかされたら嫌だなあ…

あとは、体力が減りやすくデッキも切れやすいコントロール系のウォーロックとも相性がよさそうです。

枠争いは厳しいでしょうが、十分入る可能性はあると思います。

…プリーストに影の狂気で奪われないよう注意。

 

包帯巻き職人 評価:★★☆☆☆

包帯巻き職人

出典:ハースストーン公式

エリーズみたいな感じで、バニラを出しつつデッキを1枚増やせることが重要なカードなのでしょう。

…エリシアーナがいる時点ですべてが霞んでしまうのが悲しいところです。

逆にウォリコンミラーでエリシアーナを発見して混ぜられたら勝ちが近づく!? …ちょっとギャンブル性が高すぎますね。

将来的にミニオンの数を絞って悪さもできそうですが、今は厳しそうです。

大型ミニオンの多いデッキで雑にデッキのバリューを増やすような使い方が無難でしょうか。

 

荒れ地の暗殺者 評価:★★★☆☆

荒れ地の暗殺者

出典:ハースストーン公式

倒しても4/1隠れ身が出てくるのは強そうですが、具体的に何のデッキに入るかが疑問ですね。

クエストパラディンとの相性はいいので確実に入ると思いますが、それ以外のデッキには正直枠がないような気がします。

入るデッキがない≒入らない、ということです。

とはいえ、カードパワー自体は高めでフェイス性能もありますので、入るとしたらハイランダーハンターやテンポローグの自由枠あたりですかね。(たぶん他の候補が採用されることも多いとは思いますが)

 

無貌の潜むもの 評価:★★★★☆

無貌の潜むもの

出典:ハースストーン公式

そのままだとフェン・クリーパーと同じスタッツなので、単体では入りません。

シナジー前提の採用となるでしょう。

やはりウォリアーの挑発ハンドバフと相性がよさそうです。

+2/+2が一回付くだけで5/5/10になって出てくるのは結構厄介ですね。

 

ファランクス指揮官 評価:★★☆☆☆

ファランクス指揮官

出典:ハースストーン公式

実質1マナ攻撃力+2はなかなか強く、将来的に絶対入らないというわけではないと思います。

ただ、現状挑発を横並べするデッキが少ないんですよね…

挑発ウォリに入れようにもたぶん枠がないです。

今後に期待ですね。

 

砂漠のオベリスク 評価:★☆☆☆☆

砂漠のオベリスク

出典:ハースストーン公式

招来の外れ枠、以上!

…一応、実現できそうなコンボを考えますと、ウォロで召喚のポータル×2&オベリスク×2&無貌ですかね…

これでも労力に見合わない威力ですので、使われることはないでしょう…

 

埋葬マシーン 評価:★★☆☆☆

埋葬マシーン

出典:ハースストーン公式

さすがに蘇り付与はデメリットが大きすぎますね。

挑発ミニオンを出されるときついですし、中でもジリアックスを出されると致命的です。

沈黙やバウンス入りのアグロ、もしくはずばり沈黙プリーストあたりに採用される可能性がゼロではありませんが、基本的に相当厳しいと思います。

あとは、ウォリアーがデッキ外から持ってきて8点除去として使うぐらいでしょうか。

 

カルトゥートの守護者 評価:★★★☆☆

カルトゥートの守護者

出典:ハースストーン公式

中立と見せかけて実質ウォーロックのクラスカードみたいな。

今回唯一追加されたウォロのまともな回復ソースと言っても過言ではありません。

他クラスで使っても悪くはないですが、アップルバウムや金庫番の現状を見ると、回復が腐ったり6マナが重かったりで、汎用挑発としてはボーン・レイスあたりに枠を譲ると思いますね。

いいカードなんですが、これだけではまだウォロが暴れるだけの回復ソースは得ていないような気がします。

あとはもちろんクエストパラディンにも入ると思います。…あれ、実質ウォーロックのクラスカードとは(

 

バレバレの囮 評価:★★☆☆☆

バレバレの囮

出典:ハースストーン公式

入るならビッグシャーマンですかねえ。

一番コストが低くて8マナとか普通にあるでしょうから。

他にも、ビッグパラディンなどビッグ系のデッキなら採用する価値はあると思います。

聖なる怒りパラディンの銀行家を落とせるとラッキー!?

 

包帯ゴーレム 評価:★☆☆☆☆

包帯ゴーレム

出典:ハースストーン公式

オブシディアン・デストロイヤーさん…

今の環境だと、7/5蘇り&1/1挑発という動きは、7マナ払ってすることじゃないんですよねえ。

せめて本体に挑発があれば…それだと逆に強すぎますかね。

クエストパラディンぐらいしかシナジーがないですが、入れるにしても7マナは重すぎます。

採用は厳しいでしょう。

 

荒れ地のスコーピッド 評価:★☆☆☆☆

荒れ地のスコーピッド

出典:ハースストーン公式

荒れ地のキューピッド?(難聴)

+1/+1/+1したマイエクスナさん…

なんかいろいろ使い回し多くないですか?

本家が微妙だったので、このカードもダメでしょう…

 

シアマト 評価:★★★★☆

シアマト

出典:ハースストーン公式

うーん、これは強い!

  • 単体除去したいとき:急襲&聖なる盾
  • 複数除去したいとき:急襲&疾風
  • 守りたいとき:聖なる盾&挑発
  • 攻めたいとき:聖なる盾&疾風

このように、状況に応じて適した能力を選べるため、まず腐ることがありません!

強いて言えば、聖なる盾&疾風はすぐに動けないので、攻めるデッキとの相性はそこまでではないと思います。

ジリアックスのように、少し遅めで守りの必要なデッキにはまず入るのではないでしょうか!

あとはハイランダーデッキとの相性が抜群ですね!

何回も言っていますが、シアマト&ゼフリスにサンドバインダーを加えればどちらかをサーチできるという!

レジェンドにふさわしい良カードだと思います!

 

ピット・クロコリスク 評価:★★☆☆☆

ピット・クロコリスク

出典:ハースストーン公式

北海のクラーケン二世というか、間違いなく闘技場では強いでしょう。

1マナ重くなった代わりにシナジーなしで使えるブレイズコーラーだと思えばカードパワーは十分です。

問題は、入るデッキがあるかどうかですね。

獣ですので、ハイランダーハンターに入れてみてもいいかもしれません。

 

オクトサリ 評価:★★★★☆

オクトサリ

出典:ハースストーン公式

うーん、雑!w

アグロデッキのフィニッシャーとしてはこれ以上ない存在ですね。

無視できないスタッツでありながら、倒すと8ドローされて死が近づくという…

重いデッキだと8ドローが逆にデメリットになるため入らないでしょうが、リソースが切れがちのデッキには確実に入ると思います。

たぶん立ち位置としてはローグのマイラに近くて、ローグ以外のヒーローがマイラの代わりに入れる運用になるのではないかと。

 

アヌビサス・ウォーブリンガー 評価:★☆☆☆☆

アヌビサス・ウォーブリンガー

出典:ハースストーン公式

9マナは重すぎますし、そのうえ効果が断末魔…

雄叫びでも使うかどうか微妙なラインなのに…

斂葬のアンカで1/1にするにしても、さらに割らないといけないという…

採用はないですね。

 

動くモニュメント 評価:★☆☆☆☆

動くモニュメント

出典:ハースストーン公式

構築には入らない、海の巨人招来の当たり枠、以上。

間接的なサイクロンメイジ強化はやめてくださいよ…

 

月の巨像 評価:★★☆☆☆

月の巨像

出典:ハースストーン公式

海の巨人招r(ry

間接的なサイクロンメイジk(ry

ただ、こちらは構築でもかろうじてビッグシャーマンに入りそうです。

マックモーファーによるコピーで、4/4を倒しても10/1聖なる盾が出てくるのは非常にうっとうしいです…

さらに祖霊の癒しで体力回復&挑発付与でもされたら((( ;゚Д゚)))

…まあそこまでうまくいくかどうかはともかく、構築でもそういった使い道があるもいうことですね。

 

ファオリス王 評価:★★★★☆

ファオリス王

出典:ハースストーン公式

効果は間違いなくレジェンドにふさわしいんですよ。

では、どのヒーローに入るのか? 考察してみました。

  • ドルイド 適性★★★★★:洪水をはじめ高コストの呪文が多め。クエストドルイドのフィニッシャーとして有望です。 究極が残っていればもっと強かったでしょう。
  • ハンター 適性★☆☆☆☆:野獣放つべし以外は軒並み5マナ以下の呪文ばかりなのでバリューが低いです。ブームズーカ?またまたご冗談を。
  • メイジ 適性★★★☆☆:高コスト呪文が多いのは認めます。でも、それらより巨人招来をメインにしたほうが強いんですよ!
  • パラディン 適性★★☆☆☆:高コスト呪文の数自体はそこそこありますが、どれも使い勝手があまり良くないんですよね…
  • プリースト 適性★★★★★:大いなる復活と死の災厄を両方入れた復活プリーストのフィニッシャーとして非常に強力です!
  • ローグ 適性★☆☆☆☆:さすがに低コストスペルが多すぎる&10マナは重すぎると思います。
  • シャーマン 適性★★★★☆:地震とハガサの計略だけでも悪くないですし、ハガサで得た呪文を対象にできる、シャダウォックで雄叫びを使い回せるなどのメリットがあります。
  • ウォーロック 適性★★★★☆:捻れし冥界と魂抽出だけでも悪くないですし、腐った商人で破棄後回収したりソウルウォーデンで手札に加えたりすれば何回も使えます! そこまでライフがもちそうにないのがネックですが…
  • ウォリアー 適性★★☆☆☆:高コスト呪文があるにはあるものの使い勝手がよくないという、パラディンと同じパターンですね…

以上です。結構入りそうなヒーローが多いですね!

個人的なおすすめはクエストドルイドですかね。フィニッシャー不在気味のデッキですが、いい救世主になってくれると思います。

もちろん、復活プリーストに入れるのも順当に強いでしょうね。

あとは、シャーマン・ウォーロックあたりもファオリス入りの型が後々出てきそうです。(動向しだいではメイジも?)