その他

気がつけば、夕暮れ。~会社を辞めて一ヶ月後の話~

夕暮れ

 


今日は思うところがあって、ツイートしました。

ブログを開設して一ヶ月になりますが、やっぱり取り組み方が甘いなと感じる日々です。

そこで、自戒と決意表明の意味を込めて、文章を書かせていただきました。

実験的に、いつもの記事と文体を変えて書いています。

ある一日のこと

ネタが出ない、ネタが出ない、ネタが出ない…

いつものように悩む日々。

気がつけば、夕暮れ。

したかったこと、なにもできてない。

でも、なにか書かなければ。

そうやって無理やり絞り出す。

「質は維持できている」と、自分に言い聞かせながら。

 

まるで変わらない自分に気づく

そこには、毎日更新に追われて、サラリーマン時代のように作業をこなしている自分がいた。

「あれ、サラリーマンはやめたはずじゃなかったっけ?」

確かに会社は辞めた。けど、それだけのことだ。

環境が変わっても、長年の癖は変わらない。

「フリーランス1年生のはずなのに、やけに老成しちゃったなあ。」

気がつけば、夕暮れ。

わびしく沈む夕陽が似合う後ろ姿になってた。

 

まだ、やり直せるかな

今日の自分はおざなりだった。

怠け癖に嫌気も差した。

逃げるようにして、また怠けた。

気がつけば、夕暮れ。

明日になれば、沈んだ日はまた昇り、一日が始まる。

今日の自分が嫌ならば、明日の自分を変えればいい。

「お前は何がしたかった?」

「ブログで何を伝えたかった?」

やり直すのはそこからだ。

 

夜の中で夢を見よう

気がつけば、夕暮れ。

もうすぐ夜が訪れる。

それは優しい眠りの幕か、あるいは絶望をもたらす闇か。

決めるのは私だろう。

怠け続けた私だろう。

夢を追いかける私だろう。

いろんな私が中にいる。

明日はきちんと私を出そう。

眠りで疲れた体を癒そう。

そして、夢を見よう。

たとえ、暗闇がまだ明けていなくても。