eスポーツ

ハースストーンオリジナルデッキ紹介! 隠れた最強候補、自傷テンポウォリアー「ムチウォリアー」!

ムチウォリアー

先日、ハースストーンのデッキコンテスト開催が発表されました!

そこで、デッキコンテストに投稿予定のオリジナルデッキを随時発表していきたいと思います!

今回は、自傷シナジーを最大限に活かすべく「暴君のムチ」を採用した「ムチウォリアー」です!

すっかりデッキ作成にはまってしまって、ラダーがテンポローグで回せていませんw

(さすがに4月最終日はがっつり回したいところ…)

テンポローグのガイドはコチラ!

 

他のオリジナルデッキはコチラ!

 

ムチウォリアーデッキリスト

ムチウォリアー

デッキコード:AAECAQcGnQLSAvwEgAbUCLP8AgwWkAOOBZEGlgb7DJvzAuT3Ap77AqOLA8GZA4SfAwA=

デッキ概要

暴君のムチ

出典:ハースストーン日本語wiki

暴君のムチ…誰もが忘れているであろう影の超薄いカード。

ムチを装備した状態だと自分のミニオンに1ダメージを与えられることを利用し、自傷シナジーを最大限に活かしたデッキを作成しました!

泡を吹く狂戦士・苦痛の侍祭・警備ローバー・新カードの最下層ウーズなど、ダメージを受けることでアドを生み出すカードを大量に採用しています!

デッキ詳細

暴君のムチで自傷アドを取る!

特に自傷アドが大きく取れるのは以下のミニオンです!

  • 苦痛の侍祭:出した瞬間に1ドロー確定!
  • 警備ローバー:出すだけで2/3挑発召喚!
  • 最下層ウーズ:出したら3/4のコピーが出現!
  • グロマッシュ・ヘルスクリーム:8マナ10点突撃!

除去もかなり強い!

さすがにウォリコンには及びませんが(当たり前)、以下の強力な除去を備えています!

  • 出陣の道:言わずと知れた便利AOE。このデッキでは自傷シナジーにも使えてさらに便利です!
  • ダイノ・マティック:こちらも定番除去ミニオン。弱いわけがありません!
  • 止めの一撃:貴重な単体除去。山の巨人や墓場の怪異もこれで安心!

驚きの大量ドローも!

さらに、このデッキは強力なドロー能力を秘めているのです!

  • 狂瀾怒濤:警備ローバーや最下層ウーズを出しつつ、出陣の道や旋風剣と合わせることで楽に3~4ドローできます!
  • 苦痛の侍祭:暴君のムチの装備直後に出しても1ドローですし、細かく1ダメージを与えやすいので高確率で3ドローできます!

というわけで、本当に強いんです!

以上で、このデッキが本当に強いことがお分かりいただけたでしょうか?

「書いてあることは強そうだけど…」と思ったそこのアナタ!

書いてある通りに強いんですよ!

試しにデッキコードコピってカジュアルででも回せばすぐわかります!!

 

1枚差しのカードと、1枚差しの理由

エターニウム・ローバー

このデッキは本質的に攻めのデッキであるため、自傷シナジーの装甲はそこまで大きなアドではありません。

ただ、対アグロに有効であることを考慮し、1枚入れています。

旋風剣

3枚目の出陣の道のような位置付けと考え、1枚採用としています。

1マナという軽さが活きることもあるため、決して下位互換ではありません。

暴走

特に苦痛の侍祭・警備ローバー・最下層ウーズに付けられると爆アドです!

ですが、ダメージを受けていないと使えないので、相手のデッキタイプ(コントロール系など)によっては激しく腐ることがあります…

その両面を考慮し、1枚採用にしています。

残酷な現場監督

3枚目の内なる怒りのような位置付けと考え、1枚採用としています。

序盤に1点ダメージを与えつつテンポを取る使い方もできます。

グルバシの狂戦士

3枚目の泡を吹く狂戦士のような位置付けと考え、1枚採用としています。

暴君のムチを装備しながら出せば5/6になるなど、ヘルスが高いので中盤以降であれば泡を吹く狂戦士以上にプレッシャーをかけられます

 

プレイングのコツ

  • 除去やドローも強めですが、本質的には攻めのビートダウンデッキです。常にボードを支配して打点を生み出すことを心がけてください。
  • このデッキでの強い動きは、「警備ローバー・最下層ウーズによる盤面の支配」ならびに「その支配状態における大量ドロー」です。そこを意識し、ダメージソースやドローソースを温存するようにしてください。
  • 泡を吹く狂戦士やグルバシの狂戦士のバーストで勝った試合は少ないです。どちらかと言うと、相手を牽制して除去を吐かせる意味合いが強いですね。
  • 暴君のムチは耐久4あるので、対アグロを除き装備したらすぐに振ってかまいません(武器破壊があり得るためです)。ただ、耐久3からは2本目が手に入るまでは不要な攻撃は控えましょう。
  • 士気高揚で手に入る悪の手先は、暴君のムチを装備した状態で出すとやられてしまうので注意してください。こればかりは致し方ないです。

 

最後に

今回、各ヒーローにつき1つずつ、オリジナルデッキを計9種作成していますが、間違いなく9つの中で一番強いです。

真面目にTier1下位~Tier2上位あたりを狙えるのではないでしょうか。

もし5月にオリジナルデッキでレジェ到達を目指せと言われたら、迷うことなくムチウォリアーでレジェを目指しますね

デッキリストもこれで完成形だと考えています。

来月はこのデッキが強いことを証明するため、ムチウォリアーでレジェ目指しますので期待していてください!!

 


 

記事を読んで、少しでも興味を持っていただけましたら、レイニーデイのTwitterのフォローをよろしくお願いします!